慢慢走 Walking Slowly

好きなことを、好きなように、ゆっくり綴る。

《舞台》SPAC「寿歌」

10/13(日)に、日帰りで静岡へ行き、SPAC「寿歌」を鑑賞してきました。

spac.or.jp

これまで「寿歌」は大杉祐さん演出で2回見ています。1回目は2004年4月に相鉄本多劇場にて、出演は山口雅義さん、扉座の赤星明光さん、少年王者舘の夕沈さんでした。2回目は2012年3月に下北沢本多劇場にて、加藤健一事務所が「ザ・シェルター」との2本立てで上演して、出演は加藤健一さん、小松和重さん、占部房子さんでした。

新幹線が動くのか心配でしたが、多少ダイヤの乱れがありつつも問題なく静岡に到着。ただ、東京駅では切符を買うまでがなかなか大変なことに……詳しく書くと長くなるので割愛しますが、JR東日本JR東海が分断していることが原因でなかなか面倒くさいことになっていました。

f:id:ayalaugh-tmc:20191015115536j:plain

f:id:ayalaugh-tmc:20191015115614j:plain

途中、多摩川富士川の濁流を悲しい思いで見つめつつ、

f:id:ayalaugh-tmc:20191015115654j:plain

静岡駅で桜エビかき揚げ丼を味わってから、

f:id:ayalaugh-tmc:20191015115808j:plain

f:id:ayalaugh-tmc:20191015115728j:plain

東静岡駅まで移動して観劇。喜劇性をより押し出した宮城さん演出は、大杉さん演出とは全然印象が違って興味深かったです。シス・カンパニーが2012年に上演した「寿歌」も見ておけばよかったなぁ、と今更後悔。

www.siscompany.com

日帰りでバタバタだったので、次回SPACに行く時にはもうちょっとゆっくりできるプランを立てたいと思います。次は来年の今井朋彦さん演出「メナム河の日本人」を見に行きたいなぁ。

今、バズりたい男たちが語る~『バウムちゃんねる映画祭 シーズン2』 永井秀樹×森啓一朗×杉山ひこひこ×眼鏡太郎

エンタメ特化型情報メディアSPICE(スパイス)のサイトにて、執筆記事が公開されました。

spice.eplus.jp

昨年5月に開催された第一回の好評を受けて、10/19から池袋シネマ・ロサで開催される「バウムちゃんねる映画祭 シーズン2」についてです。
俳優の永井秀樹さん、森啓一朗さん、杉山ひこひこさん、眼鏡太郎さんの4人に座談会形式でお話しをうかがいました。
シネマ・ロサが『カメラを止めるな!』の“聖地”と呼ばれるようになったきっかけは、実は昨年5月のこの映画祭にあった、なんていう話も出て来ます。

記事中にも書きましたが、私が上田慎一郎監督を初めて知ったのは昨年のバウムちゃんねる映画祭で上映された『ナニカの断片』シリーズでした。この監督面白いな、と思っていたら翌月から新作映画が公開されるというので、それはぜひ見に行こう!と楽しみにしていたら、その新作『カメラを止めるな!』が大ブームになってびっくり、なんてこともありました。
今回の映画祭では、昨年の映画祭で上映された作品が毎日1本おまけ上映されるそうで、上田監督の『ナニカの断片』は初日10/19(土)に上映されます。それ以外の作品も、いずれも個性的で魅力的なものばかりです。

ayalaugh-tmc.hatenablog.com

昨年のバウムちゃんねる映画祭のとき、全作品の感想を書きました。「おまけ上映、どの作品見ようかな?」と迷われている方は参考になるかもしれません。でも内容に言及しているものも多いので、一部ちょっとネタバレかもしれないのでお気をつけください。


バウムちゃんねる映画祭シーズン2予告編

この予告編からして最高なのでぜひご覧ください。

素敵な俳優さん、素敵な監督たちに出会える映画祭です。ぜひ、多くの方に足をお運びいただきたいです。

baumandkuchen.com

《舞台》新国立劇場『どん底』

新国立劇場小劇場にて、ことぜんシリーズ第一弾『どん底』を鑑賞してきました。

f:id:ayalaugh-tmc:20191010092914j:plain

意表を突く舞台美術、現代日本で演じられる劇中劇に仕立てた五戸真理枝さん演出の攻める姿勢がなかなか面白かったです。どん底で生きる人々の叫びが、現代人の叫びと重なって見え、最近起きている様々な問題に思いを馳せながら見ることができました。

役者さんは、見ごたえのある演技を見せてくださる方が多かったです。高橋紀恵さんのお芝居にはいつも強く引き付けられるものがあって、今回も圧倒的な存在感と説得力で、腹黒いのに純粋さもある美しいヴァシリーサを見せてくれました。蜷川組常連の廣田高志さんのあの安定感と懐の深さと愛らしさも、相変わらず素晴らしかったです。立川三貴さんと山野史人さん、久々にベテランお二人の重厚な芝居を見ることが出来たのも至福でした。やっぱり積み重ねてきたものを背負っている人独特の空気感ってあるなぁ、などと思いながら堪能させていただきました。若手では釆澤靖起さんが非常にキレのあるいい芝居していて、以前から注目していましたが今後ますます期待大の役者さんだと確信しました。ことぜんシリーズ第三弾『タージマハルの衛兵』で成河さんとの二人芝居に抜擢された、同じ文学座の亀田佳明さんに続く文学座若手の成長株だとにらんでいます。

ことぜんシリーズは全作品見に行く予定なので、あと2作品もとても楽しみです。

www.nntt.jac.go.jp

加藤健一×小田島恒志インタビュー~あの演劇人も影響を受けた、加藤健一事務所がレイ・クーニー『パパ、I LOVE YOU!』10年ぶりに再演

エンタメ特化型情報メディアSPICE(スパイス)のサイトにて、執筆記事が公開されました。

spice.eplus.jp

明後日11日から下北沢本多劇場で始まる加藤健一事務所『パパ、I LOVE YOU!』について、演出・主演の加藤健一さんと翻訳の小田島恒志さんにお話しをうかがいました。

三谷幸喜さんの傑作『君となら』が生まれたのはこの作品の初演がきっかけだったとか、佐藤B作さんが初演を見て感動して小田島先生のところにいきなり電話してきたとか、とにかく日本の演劇界に衝撃を与えたと言っても過言ではない作品です。
もしかして、アンジャッシュのすれ違い勘違いコントもこの作品が発想の元なのでは?などとふと思ったりしました。
ちなみに、原題をカタカナにした『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』というタイトルでも何度も上演されていて、パルコ製作だと2004年のときは上川隆也さん主演、最近では2014年に錦織一清さん主演でやっています。

加藤健一さんにお話をうかがうのは5月公演の『Taking Sides ~それぞれの旋律~』に引き続きで、今回も文学座の俳優さんがご出演なので(清水明彦さんと頼経明子さん)、また文学座トークをしていただけて楽しかったです。

spice.eplus.jp

個人的には、恒志先生の杉村春子ギャグがツボにハマってしまったので無理やり原稿に残したのですが、文章じゃ面白さが伝わらないのが残念すぎる。恒志先生は終始面白いことを言ってくださる愉快な方でした。ご本人は、作品の面白さは翻訳の力じゃなくて作者の力だ、とご謙遜されていましたが、きっと先生のギャグセンスも大いに生かされているからこその面白さだと思います。

「この芝居を見て学ぶものは何一つない」という恒志先生の言葉が本当に最高でした(笑)。何も考えずにひたすら笑ってスッキリ元気になれる舞台、期待しています。

草刈民代×高嶋政宏、スピード感あふれるバトルを見せる会話劇『プルガトリオ―あなたと私がいる部屋―』が開幕

エンタメ特化型情報メディアSPICE(スパイス)のサイトにて、執筆記事が公開されました。2本同時に公開です。

1本目はこちら。

spice.eplus.jp

昨日の初日開幕前に行われた囲み取材&ゲネプロレポートです。温かさと激しさを持った、胸にズシリと響く作品でした。

2本目はこちら。

spice.eplus.jp

先日取材した稽古場レポートです。とことんまでディスカッションする皆さんの真摯な姿が大変印象的でした。

spice.eplus.jp

7月頭に行われたこの舞台のインタビューをきっかけに、この3ヶ月間まるで髙嶋政宏フォロワー状態で髙嶋さん関連取材を様々にさせていただきました。

spice.eplus.jp

髙嶋さんを追いかける日々もこれで一段落かな、と思うと少し寂しい気もしますが、また近々お会いすることになるんだろうな……という気がしております。こうして生まれた不思議なご縁に感謝をしつつ。
舞台は10/14まで、池袋の東京芸術劇場シアターウエストです。

www.purgatorio-stage.com